涼宮ハルヒの憂鬱を今更ながら読みました

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)


最初は、ハルヒDQNすぎる行動に辟易して読み進めるのが辛かったのですが。
SF設定が語られだした中盤あたりから尻上がりに面白くなっていきましたね。
いや、確かにこれは傑作!


それにしても、普段ネットで見かける朝比奈みくるの「な、なんなんですか?ここどこなんですか?何で私が(ry」や「禁則事項です」の元ネタがわかったのでとても満足です。


朝倉涼子さんも何でヤンデレ風に描かれることが多いのか、腑に落ちましたし。