311地震にあったときのことを書きとめておきますか

 地震のときは、仕事場でデスクワーク中。


 揺れ始めのときは「どうせすぐ収まるさ」と思って油断していましたが、収まるどころかどんどん強くなっていき・・・。慌てて本棚を抑えましたが、全く間に合わず。


 というか、横揺れが激しすぎて立っていられず。机の下に隠れることも考えつかないほど混乱。


 そして仕事場の本棚やキャビネが大きな音を立てて次々と倒れていき・・・。その倒れる音を聞きながら、阪神淡路大震災の倒壊した家屋が脳裏に浮かび「あれ?もしかして、俺、死ぬ!?」「え?ここで死んじゃうの?」と思ったり。このときの恐怖心というか心臓をギュッと掴まれたかのような感覚は今でも憶えています。


 何分かしてようやく揺れが収まりましたが、本や書類が散乱し足の踏場もないほどでした。このときは津波が来ているとは思わなかったので、「家のフィギュアは大丈夫か?」とのんきなことを考えていましたね・・・。