星降山荘の殺人とか。これはやられた系ミステリ を思い出してみる

どれも定番じゃないかーい!という突っ込みを受けそうですが。いいじゃないですか。

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)


これはトリックが上手だったなと。トリックが判明したあとに伏線部分を読み返したりはしないのですが、これはやりました。ああ、確かに、、、なるほどねって感じで(読んだ人じゃないとわからないすね(;´Д`)倉知先生では、猫丸先輩シリーズが好きですね。定番ですが。ただ、先生の作で最近文庫で出た「壺中の天国」は正直微妙でした。短編で済む話を延々文庫上下に引き伸ばしただけなような。いや、トリックは面白かったのですけどね。


葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)


これは真相を知った時、\(^o^)/と思いました。
い、いじわるすぎるぜ。

慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)


これはやられた系では古典か?見事に騙されました。