森博嗣先生の新作出ていたのね~「 ψの悲劇」

 2018年の数字を見て、既読のものじゃないと確認、貴重な新作。ゆっくり味わいながら読みます。