マジでやられた!ミステリ 北村薫「盤上の敵」<注意;本作品を全く0の状態で読みたい方は避けてくださいませ>

盤上の敵 (講談社文庫)

盤上の敵 (講談社文庫)

最初、キャラの過去語りうざす!とか思ってたのですが。








○を○○していたああ!?
と、そこでまず、ひと「マジでやられた!」


まあ、そういうことだったら、、、と気を取り直してい読んでいたら

さらに、その○○○いたはずの○○○が、なんで○○○してる!?
で完全に混乱。


これで、ふた「マジでやられた!」



まったく予想外の事実に頭の中が一瞬まっしろになる。あのすべてがFになる・・・じゃなかった!全てが無になる解放感?そして、直後その事実を理解しようとして頭脳が高速で動き出す感触・・・。


そんなミステリ小説を読む快楽を久しぶりに味わうことができました。


う〜ん、やっぱミステリは(・∀・)イイ!!ね
文化の極みです。