今回の放映中止騒動についてつらつらと


私個人としては「続きが気になって仕方ないので早く見せてくださいorz」というだけなんですが。その他に、いろいろネット見た雑感を。

カナシサミシイ

今回の放映中止騒ぎ、あちこちのブログで熱心な議論がなされているわけですが。


「所詮オタクが見ているもの。くだらない。ショッキングなシーンで向こう受けを狙っただけ。→放映されなくて当然 騒いでるオタクうざいよ」


的な論調がまあ、、、出てくるだろうなと思っていたら、案の定出てきていて。予測はしていたけど残念だなあと。


ひぐらし解はむしろ安易に人を殺すという解決策に走るな!というメッセージをもった倫理的な作品だし*1。スクイズも11話まで見た人ならわかると思いますが、最終話で刃物が出てきてもおかしくない話(つーか、むしろアレで血を見ないほうが不自然じゃないか)の展開なわけでね・・・。そんな、惨殺キタ━(゚∀゚)━!とオタクがはしゃいでるだけのアニメと思われるのはファンとして哀しいのですよ。


とはいえ、このオタと非オタの溝は埋まらないのでしょうね。



全面同意

「煩悩是道場 - アニメを擁護しなくても良いけれど放送自粛と芸術についてはきちんと考えるべき」
→→→http://d.hatena.ne.jp/ululun/20070923/1190560537

この方のいうことに全面的に同意。

この方は、以下のようにちゃんと論点整理して語っているところがすごい。この2つは混同しやすいけど別の議論だと思いますので、ここを出発点として議論すべきじゃないかなと思ったり思わなかったり。


○残虐表現だからダメ論

リンク先における

「1)「ScoolDays」も「ひぐらし」も放送局が放映すると決めた作品の筈」の部分

○事件がおきたから自粛しろ論

「2)「子どもに見せてはいけない」のは深夜のアニメか水戸黄門か」の部分

*1:参考;9・23日付け 竜騎士7氏の製作日記;http://07th-expansion.net/Cgi/clip/clip.cgi ( ;∀;) カンドーシタ