ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」感想 Nice houei 

注意(以下ネタバレありです。ご注意ください)

 いろいろNice boatなこともあったけど、「ひぐらしのなく頃に解」放送再開です。( ;∀;) カンドーシタ


 先週で黒幕もわかり、今週で惨劇の原因もわかりました。これでほぼひぐらしの謎は解けましたね。

Nice nakama

・OPでは、さすがに血まみれの鉈→ゴミ山に変更されてました。



・K1たちを信じて、秘密を打ち明ける梨花ちゃま。その信頼にこたえ、梨花ちゃまの話を茶化さず真剣に耳を傾けるK1達。


「しょうじき、びっくりなのです。こんなにすぐ信用してもらえるなんておもってなかったですから」
「なにいってるんだよ、仲間の話を信じられなくなったらおわりだろ」
梨花ちゃんがレナたちを信じてくれたように、レナたちも梨花ちゃんを信じている。それだけだよ」


 ( ;∀;) カンドーシタ なんて固い信頼で結ばれている仲間達なんだ・・・。無条件で信じ、信じられる仲間がいるということはとても心強いと思いますよ。やはり、独りで抱え込んでは思考が袋小路になってどうしようもなくなりますからね。


 このスペシャルな仲間達がいれば運命は打ち破れる!そう思います。


・あの、一個多い足跡の正体はやっぱ羽入だったのね。謝まりたいという気持ちは素直でいいけど、やられたほうはそりゃびびりますよ・・・。羽入の天然ぶりは神!(実際、神だけどw)



・名前だけのTOPに祭り上げられていたのに、三四を恨まずその死を悲しむ入江。こいつはホントに良い奴(ロリコンだけど)!でも、多分あの電話の後小此木に殺されたんでしょうね・・・。自殺にみせかけて。


・大石、熊ちゃん・・・・合掌。

 皆殺しの大石はかなり気に入っていました。

 
 K1達はやはりまだ子供なわけで、ことをなすにはちょっと危うさが目立ったりしたわけですが。園崎家と話をつけたほうがいいとアドバイスしたり、沙都子の家に警官をすぐ突入させたりと、そんなK1達をさりげな〜くサポートする大石がかっこよかったわけですよ。


 それが、こんなあっさりと・・・。哀しいです。梨花ちゃまの話を信じないで岐阜から帰らなければ多分殺されなかったのに。梨花ちゃまを助けようと帰ったばっかりに巻き込まれて殺されたってのが、、、余計に哀しい。