「ひぐらしのなく頃に 解」第22話 祭囃し編 其の九「攻防」

http://shop.frontierworks.jp/digital/web_anime/detail82.asp で配信中
ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3 (ガンガンWINGコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2 (ガンガンWINGコミックス)
今回は目明し編を思い出すと、いろいろ感慨深いお話だったなと。

お約束

前回の派手なひきのわりにあっさりと捕まったトミー
まあ、、、予測はしていたけど

いきなり詩音のターン

「つけられてないもんお姉えのばかー!」
「いい女は死なないから♪」
「おねえに伝えて。私達生まれ変わってもまた双子がいいねっ」
・・・うん、詩音さん、唐突にストーリーに入ってきたのに、圧倒的な存在感・堂々の活躍。さすがです。
あと、葛西もね。


こういうふうに祭囃子編は全キャラクターにちゃんと見せ場があるので良いですね。
キャラクターが大切にされています。

奇跡の起こし方・・・

それは「仲間を信じること」!!!梨花ちゃまは仲間が助けに来てくれると信じて、投降したんですよね・・・。

そして、結果、奇跡は起きた!!!


赤坂!!!
かっこよすぎ!強すぎ!


数え切れない世界で後悔し続けたであろう赤坂。
だけど、やっとこの世界で梨花ちゃまを助けることができたのですね( ;∀;) カンドーシタ



アニメでも感動しましたが、赤坂救援シーンはひぐらし原作屈指の竜ちゃん暴走シーン。
是非原作のも見て欲しいです。

そしてまたもや神なCパート

沙都子の「も〜なにがなんですの」のほっぺがプー が
かわいすぎて人生\(^o^)/ハジマタ!!!

ってのもありますが。


奇跡がまたおきていたんですね。
ここは原作でも感動したネタバレシーン。
想い人は生きていた。

よかったね、詩音。



「貴方は信じなかったことを悔い、信じ続けました。だから訪れた今日を大切に。貴方の強い意志の前に目の前の苦難はもはや苦難ではないのです。」
詩音を見続けた羽入だからこそ言える、深くて暖かい言葉。
きっと詩音の力になったことでしょう。

うーん、素直にいい作品ですね、ひぐらしは。
(どうして、放送休止にしたんだよ、ほんと)