「幻夜」 東野圭吾 久しぶりにラストまで一気読みした小説 

幻夜

幻夜


「百夜行」に続く作品。

 面白かったです! ラストまで一気読み。
 美冬が、「障害」を排除してのしあがっていく様に、おいおい、そこまでやるか・・・とひきながらも、目が離せませんでしたよ。

微ネタばれ感想


 後半、騙されていたと知った雅也が激怒。おおー!いよいよ男の復讐で美冬も報いを受けるか!とwktkしていたら、あのラスト・・・。またのうのうと生き残る女。


 こうなったら、加賀にご出馬願うしかないですよ!