安永航一郎「青空にとおく酒浸り」 なんていう一見さんお断りな表紙

青空にとおく酒浸り 1 (リュウコミックス)

青空にとおく酒浸り 1 (リュウコミックス)


青空にとおく酒浸り 2 (リュウコミックス)

青空にとおく酒浸り 2 (リュウコミックス)


青空にとおく酒浸り 3 (リュウコミックス)

青空にとおく酒浸り 3 (リュウコミックス)


長らく安永先生の単行本が出ていなかったところで
怒涛の3ヶ月連続刊行・・・

胸が熱くなります。



それにしても、表紙は頑なにむさいおっさん。
タイトルも「青空にとおく酒浸り」で、何の漫画か予想できない(お酒の漫画?と思いました)。安永航一郎先生のファンでなければ、一見して買おうとは思わないでしょう。
うーん、一見さんお断りな感じ。だが、それがいい



・・・いや、逆に「なんだこれ?」と思って手に取るか?



あ、そういえば火星人刑事は結局どうなったんだってばよ?