南無、、

 否認、ごまかし、隠蔽、改ざんで「危機」をやり過ごしてきたTOPと組織が、それが効かない本物の危機を前に機能不全というのは寓話的で、後年の歴史家がどう記すか興味深いところですが、、、。当事者としてはたまったものじゃないですね。

 そういうのを支持してきたのであればともかく、ずっと不支持だった身としては特に。

 (例の件も、まさか検査対象を絞って感染者を少なく見せようとか、、考えていないよね。取り返しのつかないことになると思うが、、)