上西充子「政治と報道」

政治と報道 報道不信の根源 (扶桑社新書)

政治と報道 報道不信の根源 (扶桑社新書)

 質問にまともに答えないのを「安全運転」「かわした」と評する。そういった政局ゲームに偏った報道は国民の政治に対する無関心を助長してしまう。そうではなく、政府与党と野党がどういった問題で対立しているのか、どこで対立しているのか。そのあたりを丁寧に説明する報道が求められているのではないか。

 ・・・といったことが書いてあり勉強になりました。


 桜を見る会を追求し「汚れた桜」という本も出した毎日新聞統合デジタル取材センターなど。変わりつつあるマスコミの姿も取り上げられていて、希望が持てる内容でした。