川原泉先生の短編集「美貌の果実」(白泉社文庫)

 このなかの「架空の森」が好きですね。最後のコマが、どんな状況だよ!という不条理なものなんですが、ほんわかするという。一見の価値あり。