角川新書「人質司法」読んでいます

 ゴーン氏の弁護人であった高野隆先生の著作。日本の「人質司法」を豊富な経験と精緻な理論に基づき批判しています。ゴーン事件の弁護活動にも触れています。

 刑事司法に限らず、本邦での「当たり前」とされていることについて、他国と比較したときに「当たり前」といえるか。そういう視点は必要と思います。あと、もちろん、人権や個人の尊厳の保障。