「黒牢城」米澤 穂信   これは 今年の「このミス」1位きましたね

 信長に背いて有岡城に籠った荒木村重有岡城に幽閉された黒田官兵衛。籠城戦のなかの城内で起こる不可思議な事件。荒木は城内の統制を保つため事件を解決する必要がある。だけど、わからない。城内に自分より頭が良いやつは黒田官兵衛しかいない。というわけで、まさかの「籠城中の城内が舞台」「荒木村重が主役、黒田官兵衛安楽椅子」な探偵もの。この設定だけで、わきたつものがあります。

 で、一気に読み終えましたけど、素晴らしかったです。文章が重厚で、籠城中の合戦などの描写もしっかりしていたのが良かったです。「歴史小説の皮をかぶったミステリ・・ではなく、本気で歴史小説を描こうとしている!」と感動しました。あと、形勢が不利になるにつれ苦悩する村重も良かったです。自分が歴史小説を好きなのは、「荒木村重は謀反を起こして有岡城に籠城して云々」という歴史的事実があるとして、その背景になにがあったのか、渦中の人物は何を考えていたか、その作者の解釈を読みたいからなんですよね。その解釈が面白く説得力あればなおよし。で、この小説はもちろん合格点でした。

 ミステリ部分はもちろんよし。死亡推定時刻とか指紋捜査も無い状況での推理。限られた物証からどう割り出すか。なかなか面白かったです。

 最後もよかったです。感動しましたよ。これは史実を知らないまま読んだ方が楽しめますね。

 これは、米澤先生、このミス1位きましたよ。