たまむすび 脚本に参加した町山智浩氏が進撃の巨人劇場版について色々と語る【感動】

 
TBS RADIO 7月21日(火)アメリカ流れ者 - たまむすび
TBS RADIO たまむすび

原作者サイドが映画にするにはこうした方が良い、原作主人公のキャラ設定を変えた方が良いと提案したというのが凄いな~。原作どおりにしてほしい、原作のイメージを壊さないでというのがふつうなのに。

 
 ですが、これまでの漫画原作映画が成功していたかといえばどっちかといえば・・・。そこで、「どうせ失敗する」「失敗したら町山映画評論家やめろ」と批判されたようですが。それに対しての町山氏の言葉が素晴らしい。

 「この映画は絶対に勝ち目のない戦いに挑む話なんだから、作る側もそうじゃないとおかしいじゃないですか!そうじゃないと申し訳ないですよ、主人公たちに」「だから、負ける可能性も高いし。やってみなきゃわかんないのですよ」「(批判だけして冷笑している人たちに対して)確かに安全だけど勝つ確率は0だから!」「巨人とか壁に挑むやつを笑うな!!!」感動しましたよ。これこそ漢です。

 とくに「申し訳ないですよ、主人公たちに」との言葉に深い原作愛を感じました。