真田丸 「祝言」ほんのり日常回かと思いきや

 なんというこったい。黙れ小童!ももう聞けないかと思うと寂しい。きりと梅の会話は聞いててキリキリしました(しゃれではないですよ)。梅はやるべきことをやって好きな人を射止めただけですので、何ら責められるべきことはないですね。「やることやっていたって何~?」と子供に聞かれたお父さんはどう答えたのか気になりますが(;´∀`)。信繁・梅の祝言やらないと言ったのに、謀略のためやっぱりやるという昌幸はさすがですね。