我はいかにして谷川史子信者となりしか

谷川史子純愛読みきり集 S (集英社文庫 た 68-7)

谷川史子純愛読みきり集 S (集英社文庫 た 68-7)


(この文庫に「積極」は収録されています。おすすめです!)

あれは2006年夏のこと。

 「ハチミツとクローバー」が雑誌で最終回を迎えたと聞き、単行本まで我慢できなかった私は最新刊から最終回分までのコーラス(※ハチクロを掲載していた雑誌)をヤフオクで落札!(翌年受験なのに何やっているんだ)。


 GETしたコーラスでハチクロを読んで感動。で、せっかく大枚はたいて落札したコーラスなので、他の作品も読んでみました。そのなかで特に異彩をはなっていたのが谷川史子先生!!! コーラスに隔月だったかな?ペースで読み切りを載せていたのですが、どれも素晴らしい作品でした。

特に「積極ー愛のうたー」

 この話には感動しましたね〜。これで谷川先生にはまりました。

 このお話。主人公が何かを喪失する場面が2つありまして。それぞれが物凄い切ない。でも、決して欝な話ではなく。終わりは悲しいけどでも良かったねといえる。そんな感じ。これは先生の失恋物に共通する感覚ですね。うーん、素晴らしい。


 というわけで、切なくそれでいて温かい恋愛漫画をお求めの方、谷川史子先生の漫画はオススメです!!