東川篤哉「交換殺人には向かない夜」 ちゃんとしたミステリ

交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)

交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)


烏賊川市シリーズ第4作。1〜3作までは、キャラクターのコミカルな掛け合いは面白いけどミステリ部分はちょっと・・・・という感じでした(すみません)。

ところが、この本は構成にひねりをきかせてミステリとして満足度の行く作品に仕上がっていました。ラスト「おおっ!」と驚きましたし。


というわけで、「交換殺人には向かない夜」おすすめですっ!



それにしても東川先生。「謎解きはデイナーのあとで」もヒットしていますし、今勢いのあるミステリ作家No.1なのでは?