medium 霊媒探偵城塚翡翠 読みました

 このミス1位。読みました。

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

  • 作者:相沢 沙呼
  • 発売日: 2019/09/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
prtimes.jp

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎(こうげつしろう)は、心に傷を負った女性、城塚翡翠(じょうづかひすい)と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

・・というわけで、香月と翡翠のペアが事件を解決していく連作ミステリです。

 休み休み読んで、昨日ようやく読了。最後にカタルシスがあったので良かったです。


以下、ネタバレです。


 うん、なぜ休み休みだったのか、、というと、このヒロイン役の翡翠さんが「あざとい」。萌え作品でいえばドジっ子枠か。「別にミステリにこれは求めてないが・・」と思いつつも、ギリギリ我慢できるレベルだったので、休みつつ、読み進めていった次第。で、最後、ドジっ子は香月を騙すための仮面だったということがわかります。このあたりは爽快でした。最後まで読んでよかったですよ。