大河ドラマ 平清盛 3話「平家の御曹司」見ましたので感想

 平清盛、、。私は大河ドラマらしい大河ドラマで、わりと気に入ってます。というわけで、感想です。

若清盛の挫折

 まだ若い清盛さん。調子乗っていろいろやらかしてしまいます。それでも、「これは民のためだ!」と自分では良いことをしているつもりでした。でも、今回、父親から「独り善がりで、むしろ悪い結果を招いている!」「平家一門が守っているから調子乗っても無事にすんでいるんだ!」と厳しく叱責されてしまいます。


 なんてオレは浅はかで、ちっぽけな存在なんだ!!!と荒野で一人むせび泣く清盛。ああ・・・、こういう挫折感って、男の子なら誰でも経験あるのではないでしょうか。私は、ちょっとほろっと来てしまいました。


 主役が苦悩し、成長する。その様子を見る。これは大河のような長い尺のドラマの楽しみのひとつだと思いますが、今作はそれを期待できるのではないかと。大河ドラマ平清盛」オススメです!