個人的にすごい!と思っている漫画家先生2人

久米田康治先生

さよなら絶望先生(16) (少年マガジンコミックス)

さよなら絶望先生 第16集 (16) (少年マガジンコミックス)
作者: 久米田康治出版社/メーカー: 講談社

 最新刊16集読みましたが。「終わりから知る」「その認める側は認められているのですか!」とか。よく毎回毎回こういう「誰もが特に意識していないけど、言われれば、あるあると思う」ネタを思いつくな〜。

 久米田先生すごいです。僕は畑先生ではなく、久米田先生についていこうと思います。

加藤元浩先生

Q.E.D.証明終了(32) (月刊マガジンコミックス)

Q.E.D.-証明終了- 32 (32) (月刊マガジンコミックス)
作者: 加藤元浩  出版社/メーカー: 講談社

C.M.B.森羅博物館の事件目録(10) (月刊マガジンコミックス)

C.M.B.森羅博物館の事件目録 10 (10) (月刊マガジンコミックス)
作者: 加藤元浩 出版社/メーカー: 講談社

「Q,E,D」が隔月。「CMB」が月間。
2本掛け持ち。どちらもミステリなお話で、どちらも基本読み切り短編。
QEDは10年も続いていますが、今も変わらず、毎回、素晴らしいお話を描いてくれます。

 ファンとしては幸せな限りなんですけど。2作かけもちで、しかも、毎回一からネタを考えなきゃならない読み切り短編で、よくアイデアが尽きないな〜と思います。すごいですわ。

 この持続力は才能か努力か・・・。きっと両方なんでしょう。