逃げるは恥だが役に立つ 海野つなみ先生がメジャーになるか(失礼

 2巻のラスト。シェアってなんなのよ!修羅場くるか!?と思いきや、わりと理性的な決着に。昼ドラ的な展開にならないのは、キャラが皆、わりと理性的なせいか(私はそのほうがいいです)。

 しかし、この漫画に出てくる非婚主義のイケメンとかに思うのは、考えすぎというか。うまく生きよう、損はしたくない、非合理なことはしたくない、ということに拘りすぎているというか。いやー、別に損してもいいじゃんと思ったり。かえって不自由な生き方になってやしない?という思い。


 さて、この作品、このマンガがすごい!の8位に入ったおかげで、既刊も重刷かかっているそうで。ファン的には嬉しいですね。これを機に「回転銀河」とか「デイジーラック」とか他作品も広く出回ると嬉しいなと。

トラウマ恋愛映画入門

トラウマ恋愛映画入門