「アンブレイカブル」柳広司

kadobun.jp
詳細はこちらを読んで頂くとして、、。柳広司先生の「アンブレイカブル」読みました。連作集です。戦前の小林多喜二などが出てきますが。彼ら自身が主人公ではなく、それに関わった人物の視点で物語が進みます。

アンブレイカブル (角川書店単行本)

アンブレイカブル (角川書店単行本)

 「虐殺」という章が心に残りましたね。傍観者・観察者として振る舞っていたが、その結果(※もちろんそれだけじゃないけど)招いた現実にやられるという。