西澤保彦先生の「下戸は勘定に入れません」

 タイムスリップ+ミステリもの。

 西澤先生なので身構えつつ読みましたが割とハートフルなお話でした。