「ミステリー・オーバードーズ」も読みました。これを待っていたんですよ

 設定が突飛、悪趣味、探偵に倫理観が無い、後味の悪さ、そして、ミステリとして面白い。こういうのが読みたかったんですよ。白井智之先生の前作が消化不良でしたので、今作は満足。いやーよかった。

 
 今は、西澤保彦先生の↓を読んでいます。