「魔人探偵脳噛ネウロ」17巻の感想 あいかわらずぶっとんでます

魔人探偵脳噛ネウロ 17 (ジャンプコミックス)

魔人探偵脳噛ネウロ 17 (ジャンプコミックス)

<↓多少ネタばれあります>

バレンタインデー編

冒頭は前巻からの続きのVD編。
血族のS展開なしのギャグパートですが,最後は,,,やっぱりネウ弥子でしめ。
コミケ前に,ネウ弥子分が補給できてよかった・・・。

特に頬を染めたりすることもなく,自然に手渡し。
ベタベタなのも好きですが,ネウ弥子は,これくらいの距離感がちょうどいいと思います。
周りは二人が付き合ってると思っているけど,当人達は全くそういう気なし・・・的な。

第2の刺客「テラ」

そして,「新しい血族」第二の刺客テラ編。
相変わらず,心が凍る血族のやり口。ふう・・・ちょっと読んでて欝になりました。

とわいえ。これでも,一応週刊少年ジャンプ掲載作品。
松井優征先生がジャンプというリミッターを外したときに,どんなものを描くのか。
そしてそれに読者は耐えられるのか。うーん,怖いなあ。