「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」 感想 (考察0!感情100!) ネタばれあり

エヴァ破、ついさっき見てきましたよ。

 いや・・・神すぎました。ここまでとは。
 エヴァ破が見られる、この日本に、この世界に感謝です。

関連サイト

公式サイト
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト

仙台では仙台フォーラムでやってますよーん。
フォーラム仙台/チネ・ラヴィータ

というわけで以下感想

 ネタばれありなので。↓↓↓潜航します。
エヴァンゲリオン 新劇場版・破 綾波レイ プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品)
エヴァンゲリオン 新劇場版・破 綾波レイ プラグスーツver. (1/10スケールPVC塗装済み完成品) 出版社/メーカー: Wave>

前半、いい感じで進んでいきましたね〜。

 これなんて「碇シンジ育成計画」?と思うくらいほのぼのラブコメでしたね。

 綾波がシンジとゲンドウのために料理練習して食事会企画して・・・。
おまけに「シンジ君といると心がポカポカする」ときて(あーもう、かわいすぎるな!破のレイは!)。


 アスカも段々心を開くようになって。


 シンジもゲンドウにも和解の兆しが見えて。


 作戦もうまくいって。加持×シンジで「アッー!」といううほっ!なギャグもあって。


 全ていい感じに進んでいくなーと思っていました。

・・・いや、おそらく大半の人は

 食事会がおじゃんになるんだろうなーと早くに予想していたと思いますが。


 私は、映画見ているときはストーリーにのめり込んで話の先を考えない上に
食事会の絵面を想像してムフムフしていたので、使徒のアスカ乗っ取りは結構不意打ちでしたね。


 ほんと、アスカが松代で新型機に乗り込む直前、スケスケプラグスーツの時点でようやく気づいたくらい。↓なふうに。
 
 「あれ・・・?原作アニメどおりだと新型機乗っ取られるんだよね。その新型機って今アスカが乗ろうとしている機体じゃない?それにアメリカの4号機消失って伏線もあったような。ということは・・・!」


 「アスカ逃げてーー!超逃げてー!」


 その後の怒涛のストーリー展開はご存知の通り。
 

 食事会の補完は、、、夏コミの同人誌に託す!

ラストシーンは震えました

 いきなりラストまで飛びますが。

 最後、シンジが「綾波のために!」と叫んで、エヴァを再起動させたときは震えました。


 過去のシリーズのどれよりも温かな感情を持つようになった破の綾波さん。使徒に食われた時には、またリセットして3人目になるのかなと思って、正直あきらめていました。絶望しました。


 でも、シンジが、綾波のために立ち上がった。綾波を救うことをシンジはあきらめていなかった。その事実に感動しましたよ。


 もう、シンジ再起動後は、「頼む!綾波を救ってくれ!シンジ!」とスクリーンにひたすら祈っていました。もうほんと叫びたかったですよ、あのシーンは。あそこで、ミサトさんが「いきなさい!シンジ君!誰のためでもない!自分の願いのために!」と叫ぶところでは、気持ち的にミサトさんとシンクロしてました。


 そして、綾波救出・・・。そのとき、私の頬を熱いものが流れました(うーん、キモい感想だ、我ながら)。


 そのあと、新たな生命が〜とか、我々の計画は〜とか律子さんやゲンドウが言ってましたが。なんかカオル君が降臨していましたが。綾波とシンジはどうなったの?という疑問もありますが。


 とにかく、シンジが綾波を救ったことの前にはどうでもよし!!!
 シンジ、綾波、おめでとう(エヴァ的な意味で)。

次回予告見て

 アスカ復活するようでよかったです。って、独眼流?
 そして、序・破ときて「Q」って。うーん何か意味が。