大須賀めぐみ「Waltz」出ました!漫画「魔王」のツンデレ殺し屋「蝉」が主人公

死んでるみたいに生きたくない


主人公は、漫画「魔王」で人気のあったツンデレ殺し屋「蝉」。1巻は、「魔王」の4年前、彼の雇用主「岩西」との出会いからスタートします。

やはり岩西あっての蝉

 家族もなく、友人もなく。独りで、ただ生きるために、はした金で人を殺す日々を送っていた蝉さん。そんな彼が、岩西と出会うことで少しずつ感情を取り戻していく。その様子が微笑ましいです(といっても、サクサク人を殺すんですけどね、殺し屋なので)。魔王での蝉さんのツンデレップリに萌えていた方は、きっと「Waltz」でも悶えることでしょう。

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)


 あと、「首折り男」とか、猟犬使いの女性とか、異能の殺し屋も出てきます。ここらへん「グラスホッパー」ぽくて良いですね。
 あ、あと岩西が蝉を勧誘するシーンで「死んでるみたいに生きたくない」と、グラスホッパーの名文句を言うところも、また・・・。伊坂ファン的には嬉しいですね。わかってるな〜的な。

魔王 10―JUVENILE REMIX (少年サンデーコミックス)

魔王 10―JUVENILE REMIX (少年サンデーコミックス)


 魔王にも出てきた情報屋「桃」さんも出演していますが・・・。なんと4年前の桃さんは細くて綺麗だった!なんていう驚愕の事実。