「バンブーブレード」13巻 タマちゃんの笑顔 これだけで全てが報われた

BAMBOO BLADE 13 (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE 13 (ヤングガンガンコミックス)


まず、本を開くとまず目に入って来る「101話 ウラとトメ」のカラー扉絵。女性剣士全員集合のシーン。かっこよすぎて震えました。

前巻で覚醒した桜沢エリナ

対するタマちゃんも(恐らくこの漫画が始まって以来)本気を出して、ぶつかります。

激しいやり合いの末、エリナに一本を取られるタマちゃん。


でも、試合が終わり、面を外して見せ「負けちゃいました」と微笑む顔は、負けた悔しさより全力を出し切れたことの満足感が勝っているように感じました。

バンブーブレード 川添珠姫 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

バンブーブレード 川添珠姫 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

そして、このときのタマちゃんの笑顔が素晴らしすぎます

これを見るためだけに、私はバンブーブレードを読んできたといっても過言ではない・・・。全力を出し切れる相手に出会えたこと、そして、そのことを分かち合える仲間や先生がいること。そういう幸せに満ち足りた笑顔。「萌え」とかではなく、見ていて「よかったね、がんばったね」と声を掛けたくなる笑顔。いや、、、素晴らしいものを見せてもらいました。バンブレ最高!