「彼女のひとりぐらし」あの・・・・玉置勉強の漫画が女性向けコーナーに置かれているなんて!!!

・・・って、近所のあゆみブックスで見て驚愕しました。

彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)

彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)


エログロ・変態てんこ盛りな漫画「東京赤ずきん」と同じ人が描いているとは思えません。
東京赤ずきん 1 (バーズコミックス)

東京赤ずきん 1 (バーズコミックス)


(でも、真面目で感動できる漫画ですよ、いやほんと)


この漫画ですが、タイトルどおり独身女性の優雅?でちょっと悲しい日常をつづったもの。妄想シーンが若干変態チックだった以外は、女性誌に載っていても違和感を感じ無い内容。玉置先生、こんなのも描けるのですね。意外!

ひとり暮らサーの生態がよくわかってます!

一人暮らしで風邪をひいて寝込んだときの寂しさを描いた一編があるのですが。これは、、、わかるなー!一人暮らしで寝込んだ時の寂しさは異常!

玉置先生の「恋愛プレイ」も面白いよ

恋人プレイ 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-1)

恋人プレイ 1 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-1)


恋人プレイ 2 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-2)

恋人プレイ 2 (幻冬舎コミックス漫画文庫 た 1-2)


 恋することが苦手な方々が主役。人が人を好きになるって単純なことなのに、いろいろ考えすぎて前に進めない。そんな感じ。

 自分にとってハチミツとクローバーは「憧れ」ですが、この漫画は「共感」ですね。・・・ここまで書いててなんですが、非常に恥ずかしいことを書いてますね、自分は\(^o^)/