麻生幾「前へ!」 東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録

前へ!―東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録

出版社/著者からの内容紹介
「本日午後10時20分、2号機メルトダウンの予想!」
「全部隊、第一原発から100キロ以上退避準備!」
悪夢へのカウントダウンを止めるべく、彼らは立ち上がった----。

高レベルの放射線が降り注ぐ中、暑さで曇ったゴーグルとマスクを投げ捨て、原発への放水を成し遂げた自衛隊員がいた。
ある隊員は「死ぬなら自分のような独身者が」と原発行きを志願した----。
国交省・東北地方整備局率いる決死部隊は、被災地を目指す救助隊の先陣を切り、瓦礫と遺体で埋まる基幹道路と格闘し続けた。
警視庁機動隊東京消防庁ハイパーレスキュー隊災害派遣医療チーム、福島県警察本部......
失態を繰り返す官邸、東電をよそに、命を賭けて黙々と未曾有の危機に対峙した、名もなき戦士たちの壮絶なる記録!

あの震災で奮闘した方々の記録を「宣戦布告」や「ZERO」で知られる麻生幾がまとめてくれました。とりあえず、箇条書き感想。

国土交通省東北地方整備局が、震災で壊滅した道路を切り開いたり、地方自治体の物資調達事業を援助するなど大活躍した話は、この本で初めて知りました(私が不勉強なだけかもですが)。
福島原発への放水作業。実際に従事した自衛隊員や消防隊員には、読んでいて本当に頭が下がります。しかし、だからこそ、命令を下す立場にある政治家の混乱ぶりには悲しくなりました。
官僚組織は政治家がきちんと決断して、指揮すれば凄まじいパフォーマンスを発揮するんですね。
東電は危機意識なさすぎ。当事者意識なさすぎ。