石持浅海 「君がいなくても平気」 もし恋人が殺人事件の犯人だったら

君がいなくても平気 (光文社文庫)

君がいなくても平気 (光文社文庫)


石持浅海ならハズレがないだろ、、ということで買いました。

主人公は社内に恋人がいます。そして、会社内で殺人事件が起きます。主人公はふとしたことで、その殺人事件の犯人が恋人である確証を得てしまいます。


「冗談じゃない!殺人者を恋人にしていたなんて。世間に知られたら自分のキャリアは終わりだ!なんとかしないと!」そう思った主人公は行動を起こしますが、事態は意外な展開を迎え、、、。



って感じで。設定や主人公が動く理由(=保身)から、これはあまり後味よくなく終わるんじゃないかーと思って、読み進めていましたが。最後は、ハッピーエンドではないにせよ、わりと感動してしまいました。



というわけで、久しぶりに楽しい読書体験でした。オススメです!