高田崇史先生の新刊「神の時空」鎌倉の地龍読みました

シリーズ1作目なのでまずは軽く・・。
犯人当てのようなミステリ要素はなく、歴史ミステリ+伝奇ものっぽい感じです。
QEDシリーズのように、歴史の真実をあばく!+普通のミステリというお話はそう作れるものではないと思うので、これでよいかなと。