血の轍 12巻 やられた、、、

 しょうじき、「血の轍」は、途中から惰性で読んでいました。いまいちテーマがどこにあるのかがわからず、登場人物の動きにも共感できず。

 ただ、いや~・・やられました、12巻で。これまでの色々もどかしかった部分が一気に収束した感じがしました。そうだったのか、、という。そして、あまりにも残酷な結末。読んだ後ちょっと呆然としました。これもまた良い読後感。次巻は新章なようですが、どうなるのか。