OECD PolicyBrief「COVID-19検査:外出制限措置を 解除するために」

https://www.oecd.org/tokyo/newsroom/ja_Testing_for_Covid_may_4.pdf






 上記リンク先より「重要なことは、感染を早急に抑えるには、より多くの人々に対して検査を行い感染者を特定すること、感染が拡大しないように感染者を追跡すること、感染者が誰と接触したかを追跡することである。」「無症状または軽症者を含め、検査を広範囲にわたって実施し、接触者追跡を行うことが、ロックダウン後の戦略の中心となる。」・・。ということで、そのとおりですとしか。
  
 大量検査には多くの費用と資源がかかるけどロックダウンのコストよりはまし・・とも書いています。確かになあ、、。日本でもう1回、非常事態宣言をやるのは無理でしょう。だから、大量検査で、TTT戦略(検査、感染経路の追跡、接触者追跡(testing, tracking and tracing,)を追求してほしいんですが、、。と、毎回、同じことを愚痴っておわるという。