成功せず

 今の再度の感染拡大状況をみると、我が国の新型コロナ対応は成功していない、といって良いかと。

 失敗の本質って、失敗を失敗として認めないことだと思います。

 なので、至らざるところは認めて、なにが駄目だったか・どうすればよいかきちんと検討してほしいです。
 

 個人的には、ちゃんとした大量検査・隔離政策に方針転換して、それを強力に推進してほしい。このままインフルエンザが流行する冬を迎えたら・・。びびりな私は非常に不安です。



 以下、賛同できるエントリをメモ。






note.com
 多少の感染は仕方ない・経済回そう論は机上の空論・・・という論考。感染防止こそ最大の経済対策ということで、頷けます。

このように、むりやり経済を回そうとして感染の制御に失敗すれば、むしろ経済停滞からいつまでも逃れられません。日本で最近唱えられている、多少の感染者の増加は許容しつつ経済を回そうという考えは、絵に描いた餅にすぎないのです。

 

 以下はPCR抑制論に対する論考。丁寧でわかりやすく、、決定的ですね。2月3月くらいならともかく、さすがに検査抑制論は終わりにしたいです。
note.com

検査に人手がかかる、医療資源が必要になる。それはそうですが、検査せずに感染拡大が続けば検査で感染拡大を抑制した場合の何倍や何十倍やそれ以上の人手や医療資源が必要となります。予防に勝る医療は無いのです。とくに、拡散の速い感染症においては、拡散抑止が何より重要となります。

 しかし、、、感染症なんだから、たくさん検査して感染者を多く見つけ出し、その人が他人にうつさないように隔離・治療しよう。感染拡大しているなかで「さあ経済回して」といっても、感染するのが怖いから自粛する人が多いよね、、とか。素直に考えれば当たり前のことですよね、、。

hbol.jp
 検査抑制論の背景にはベイズ推定の誤った理解がある、、という論。なるほど、、。

rplroseus.hatenablog.com
 こちらも検査抑制論への批判。納得です。