センゴク権兵衛25巻 秀次事件 黄昏の豊臣政権

 25巻は秀次切腹の話です。秀吉「こんなに優遇してやってるのに・・。秀次は何が不満なんだ」(イライラ)秀次「自分の地位は全部与えられたもので、自分の力じゃない。自分はなんなんだ・・」(悩)で、お互いすれ違い。最後は秀次が自ら切腹するという形で爆発。そして、それを隠して政権を安定させるために、秀吉と四奉行は「秀次謀反により切腹させた」という話にもっていく。

 このあたりの解釈は大河ドラマ真田丸!」に近いですね。そのために秀次の一族が処刑されるのは余りに理不尽ですが、

 しかし、秀次切腹の前に、秀勝、秀保という親族も亡くなっていた訳で。豊臣家の若い世代が失われていったのは豊臣家存続にとってマイナスですよね。

 あと思ったのは秀吉は一代で成り上がったので譜代の家臣っていないんですよね。そこは絶対不利だったよな、と。家康にせよ足利尊氏にせよ元々が大名だったので譜代の家臣はいて、そういう基盤があったのは有利だったよなあ、、と。
 
 あ、源頼朝は・・・彼自身の譜代の家臣っていたのかな、いない気が(流人から立ち上がった人ですし。北条家はなんか違いますし)。実朝で実質途絶えてしまった遠因はそこもあるかもしれません。