ああ、、、尾を引くスクールデイズ欝


 SchoolDays欝が直りません!治療の一環として、スクイズ欝の中身をつらつらと書き綴っていきます。


●<<注意 ; 以下 ゲームねたばれ あり!>>●

 ちらっと目に入ってネタバレくらう危険もあるので、部分部分は白黒反転です。見難くてすみません・・・。
 あと、○○氏ね!とか罵倒表現あるので不快な気分になるかもしれません。きつい表現が嫌な方は読まないほうが・・・


スクイズ欝の内容

「鮮血の結末」「永遠に」エンド等の、人格崩壊まで追い込まれる言葉様が可哀想すぎるのはもちろん。それ以外でも、誠に拒絶されたときの言葉様があまりに痛々しすぎて・・・。このゲームは精神がもろい言葉様を追い詰める展開が多すぎると思う。言葉様を追い詰める人間の卑劣さ、残酷さ。でも、やってる当人達はまったく悪気なし。ゲーム感覚。ほんとに気分が悪くなる。人間に絶望する。まあ、逆にいえば、そういう展開があるから、攻勢にまわった言葉様にカタルシスを覚える訳なんですが。



 ハッピーエンドでも、相手があの・・・最低野郎の誠だと思うと全然喜べないし。言葉様本人が幸せそうであればあるほど、最低男とくっつく不憫さが際立って泣きたくなる。そして、関係が深まったおかげで、誠に裏切られたときのショックがより大きくなる。ハッピーエンドは地獄の一丁目。はあ・・・。




 かといって、誠とくっつかないで澤永とくっつくと。誠への想いを断ち切れぬまま、あのファッキン野郎に体をむさぼられる日々が続くわけで。いつか絶対に心が壊れるわけで。たとえ壊れる前にファッキンに飽きられて捨てられたとしても、なんかまた心の穴を埋めるため他のダメ男とくっつきそうで。坂道を転げるように不幸になる言葉様が予想されて。ああ、、勘弁してください。




 世界と2人で誠を愛するエンドでは、言葉様は幸せそうだけど。ゆがんだ愛の形であるわけで。「こんな普通じゃない幸せでいいのか」「言葉様が求めていたものはもっとささやかで平穏な幸せだったはずなのに」「でも、言葉様本人は幸せそうで・・・(冒頭に戻る)」とあてのない自問自答して気が重くなる。 あと、S○X中毒症になった言葉様にハアハアしつつも、誠と関わったばかりにこんな子になってしまって・・・と涙。



と、ここまでは昨日下書きして、明日(つまり今日)アップしようと思っていた

 エントリなのですが。先ほど「散る言葉」プレイしまして・・・。


・・・・。いやあ、、、ゲームのキャラを真剣に殺したいと思ったのは初めてかもしれません。あ、殺したいのは勿論、加藤と澤永です。特に加藤はもう生きてちゃダメでしょう。こいつのグッドエンドがあるってどんな悪い冗談ですか。しかもなにが「一途な思いは報われて」ですか。ほんと氏んでほしい!