アニメ「School Days」第10話「心と体」感想 桂言葉様に思いを寄せる男性は日本中に100万人はいるだろう。


 (ゲームネタバレありな文章です)



病的なほど一途で純情な16歳のお嬢様。
ノコギリ片手に血まみれで現れた現代の女神はヤンデレの申し子だ。
その儚げな存在感の内には、決然とした「狂気」を秘めている。




元ネタ;http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1025490.html



 と小ネタをはさんだところで、10話感想ネタバレ注意いきます。

もう○○の結末エンドでいくしかないでしょう!

 放映開始5秒で死にたくなりました。OPはじまる前に視聴者の精神をズタボロにする。どんだけ言葉様信者にトラウマを負わせる気だよ、このアニメ・・・orz



 これは・・・○○の○○エンド確定です!いや、そうでなくては許せない!!!


・しかし、すぐレイパー野郎(澤永)がふられたのはよかった・・・。レイプしといて調子のって彼氏面する澤永見るのはほんとむかつくので。

言葉様ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

・澤永にレイプ。誠の裏切り目撃→ 言葉様、地獄の底の底の底へ
              ↓
              ↓

 「昨日、いけなくてさ・・・休憩室でまっていてくれたんだよな」「うまくいえないけど・・おれ」「ううんっ、いいんです、その言葉だけで♪」 言葉様、地獄から天国へ

              ↓
              ↓

(ショックでしゃがみこんでいる言葉様にむかって)
「オレはもう・・・言葉のこと好きじゃないから」 言葉様、再び天国から地獄へ


 ・・・・・。


 言葉様信者ならこう思ったはず。
「アニメの中に入る能力がほしい!アニメの中に入って、今すぐ誠をぶち殺したい!」


 そして、言葉様は覚醒してしまいました・・・orz そりゃ無理ないですよ!むしろ学際後、よく精神を保てたてましたよ!
 

 でも、 もう言葉様の幸せそうな笑顔は拝めないのですね。カナシス。


加藤・・・

 加藤はもうわりきって体だけのつながりで満足しているようです。加藤が言葉様いじめに消極的になったのは「誠君の彼女です」と堂々といえる言葉様に対するひけ目か。ちょっとうらやましいからか。あるいは、誠争奪戦で世界に敗れた者同士の共感か。

ビデオ爆弾炸裂

ビデオ上映。七海にまったく同情はしなかったが。普通、七海が号泣した時点でやめないか・・・。この学校の連中は誠以外も狂っていますね。

刹那は・・・

・刹那は犯られたに100票 誠が女性の体を前にして自制できるはずがない!しかも「俺、ほんとは刹那のことがすきだったんだ・・・!」くらいは言っているはず!


・最後の清浦の涙・・・。席を世界に譲った瞬間、世界の幸せのためならと誠をあきらめた瞬間。あのときは、刹那には、2人がカップルになって、それを少し胸が苦しいけどあたたかく見守る自分という明るい未来がみえていたんでしょうな〜。どうしてこんなことに・・・。そりゃ涙も出ますわ。
 
 刹那は体をなげうってまで結末を良い方向に変えようとしたのに。結局、全ては無駄な努力に終わりそうで・・・。切ないですね。全ては誠が悪いんですけどね。

次は

 「みんなの誠」 ですか。あまり、このタイトル名はあてにならないからなあ。

 言葉様が、世界が、加藤が・・・どう動くか。・・・・。ダメだ。予想がつかない。次回がマジで気になります。