コードギアス反逆のルルーシュ第10話『神虎 輝く 刻』感想プラグスーツ

コードギアスシリーズ公式サイトより

ブリタニアと大宦官。困窮する中華連邦の臣民達。蒼天はすでに死した如く中華連邦は混迷する。そして戦場もまた…。敵味方が入り乱れ、戦局が寸刻で逆転する大混乱の最中、数々のテストパイロットを再起不能にした脅威のナイトメア「神虎」がついに牙を剥く!その餌食となるのは!?

 危ない,危ない,,,。10話の無料配信は今日まででした。

せっかくうまくいってたのに

 ナイトメア「神虎」と星刻のせいで一転。一気に絶体絶命な状況になってしまいましたね。
圧倒的な戦力差,援軍無き籠城。普通なら死亡確定シナリオ・・・。


「戦略レベルでひっくりかえしてやる!」と我らがルルたんが叫んでいましたが。一体どんな策を!?全く予想がつきません。わくわくしますね〜。今日やる11話目が楽しみです。


今回の千葉たん

 コクピットのなか,プラグスーツ着て頑張る姿を長時間拝むことができました。なにげに千葉たんって・・・。いや何も言うまい・・・。

 
 それにしても,このアニメの戦闘シーンは心臓に悪い。神虎との戦闘シーンで死ぬんじゃないかとハラハラしっぱなしでしたよ。

見捨てない選択

 カレンが捕まったことに動揺するルル。こういうところが人間らしくてよいですね。そして,カレンを奪還するため反転攻勢に出るルル!見捨てたらブリタ二アと同じ。見捨てるということは自分の大義そのものを否定すること。そんな感じのことを以前どっかで言ってたような。とにかく,こういう選択が,ルルを単なるテロリストに堕ちることから救っているんじゃないかな〜と思ったり。

最後

 アッシュフォード学園に,ルルが!? 役者の配置的には何となく,正体はロロさんっぽいですが。中華連邦編でまったく出番なかったし。