おジャ魔女どれみも、もう放映から10年以上経つのですか−


あの頃ブログをやっていれば、、、おジャ魔女どれみを毎話レビューしていたんだろうな〜。それくらい好きで、毎週のオアシスでしたぜ。

おジャ魔女どれみ16  Naive (講談社ラノベ文庫)

おジャ魔女どれみ16 Naive (講談社ラノベ文庫)


特に心に残っているのが♯40話の「春風家にピアノがやってくる!」ですね。ストーリーは詳しくは書きませんが(みてくだされ)。ドレミ母が昔、ドレミに一生懸命ピアノを習わせて。でも、ドレミはその重圧に耐えかねて・・・。不幸な結果に終わってしまった。そのことが、ちょっとしたしこりとして家庭に残っていた。そんなところから始まる話です。


家族のトラウマとそこからの再生を30分で綺麗に描いていまして。感動しましたよ。今でも最後のシーンは思い出せるくらいですもの。


親としては悪気はないだろうけど、子供に期待しすぎて、結果ダメになって。そのことが親子の何となくトラウマになっているという。そういうことはあると思うのですね。そういう普遍的なテーマをうまく切り取って描いていたからこそ、こうグッときたのかなと。



そのほか、おジャ魔女どれみで、傑作として憶えているのは、最終シリーズの「どれみと魔女をやめた魔女」(題名うろ覚え。なんと原田知世さんが出演ですよ!)ですね。これも素晴らしかったね。そこらへんはまた今度(ただ、この話はこれ単体でもいいけど、、どれみを最終シリーズまで見た積み重ねがあってこその話、、かもしれない)。ちなみに、アニメファンには言わずもがなの情報ですが、この話の演出はあの細田守です。

おジャ魔女どれみ(1) [DVD]

おジャ魔女どれみ(1) [DVD]