「64」 横山秀夫 久しぶりの警察小説!燃えましたよ

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)


 面白かった!この骨太感!やっぱ最高ですね。横山秀夫の警察小説が好きな方は必見ですな。

 
 刑事からいきなり広報官に移動となった主人公。旧態依然とした広報制度を改革するっていうお話かなと思ったらさにあらず。詳しくは読んでいただければと。


 刑事、広報、警務、自分の立ち位置に悩みながら、それでも一歩一歩前に進む主人公。だからこそ、最後、自分の道を見つけた主人公には爽やかな感動をおぼえます。

 油断していましたが、ミステリ作品としても優秀でしたね。何気ない描写が伏線になっていたとは!!!いやはや、驚きました。