映画名探偵コナン「戦慄の楽譜(フルスコア)」見てきた感想

映画『名探偵コナン 絶海の探偵』

面白かったですよ〜!

 最近のコナンは殺人事件はおまけで,アクションが主な感じでしたが。今回はフーダニットな正当派推理映画だったと思います(ファン補正あり)。


 犯人は?動機は?と考えながら見て・・・で,考えている間に次々と事件が起こったり新事実が発覚したり・・・という感じだったので,2時間飽きることがなかったですね。


 そして,これも最近の映画と違うところだと思うのですが,ゲストキャラ秋葉玲子が主役クラスの存在感。彼女を軸にしてストーリーが展開。そのせいか,一本筋が通って,ストーリーがぼやけてなかったです。


 何気に,今まで見たコナン映画のなかで1位2位を争う傑作なんじゃないかしらんと。

 
 「相棒」「少林少女」もいいですが,コナンも見に行きましょう!(そういえば,,「ひぐらしのなく頃に」とかいう映画があったような気がしますが,,,,きっと気のせいでしょう)


 そして,見に行った方はZARDのEDテーマをちゃんと最期まで聞いていきましょう。きかないと損しますぜ。

映画中では絶対音感がキーになってましたが

 秋葉玲子の声を聞いて,「この声は桑島法子!」と判断できました。ダメ絶対音感発揮できて( ;∀;) カンドーシタ いや,それくらい普通だろと言われそうですが,けっこう声優さんの声を聞き間違えるので。

主要ゲストキャラ秋葉玲子がよかった。

 無愛想で,気むずかしくみえるけど,実は優しいという桑島法子さんの王道キャラ・・・。勝利確定ですね。

ファンサービスも欠かさず

蘭と新一の過去話,蘭と園子の友情,哀たんの「信頼してるわ・・・。相棒としてね」という台詞(去年の映画でコナンは哀に同じ台詞を言ったのよん)と,ファンサービスも欠かさず。作り手はファン心理をわかっていますね。