PCゲーム「エーデルヴァイス edelweiss」inspire 感想とおすすめ

好きなんです。明治後半・大正・昭和初期が・・・。

エーデルヴァイス edelweiss

昨年の秋、箱根のとある山林で牧野洵子(じゅんこ)という名の娘が死体で発見された。

 

彼女は何者かに慰まれ、穢された後、絶望のまま自ら首をくくって死んだとされている。

 

帝都で探偵業に身を置く「史絵」(ふみえ)は、稼業の師でもある同業者の八神から、この事件を譲り受けた。

 

死んだ娘は史絵の高等女学校時代のクラスメートだった。

 

自殺としては不可解な警察の調書。

洵子は何故箱根に独り、身を置いていたのか。

そして洵子の身に何が起こったのかを、

史絵は知らねばならなかった。


大正の半ば,残暑の帝都で物語は静かに動き出す

公式HP:http://www.mofmof.com/inspire/inspire_confirm.cgiより

かんたんなネタばれなし感想


 基本となるストーリーは旧友をおそった不幸の犯人捜しですが。推理モノというよりは,史絵さんの私小説って趣が強いですね。丁寧に史絵さんの心情をつづったテキストに魅入られました。


 凝ったエフェクトや派手な演出はないですし,背景だけが映っているシーンも多い。普通は手抜きかと思っちゃいますが,そこが逆にこのゲームに落ち着いた雰囲気を与えることになっていてよいです。

 
 ストーリーは基本一本道?ほんとにときたま,選択肢が現れますが,違うのを選ぶとすぐBADエンドになりますし。正しいルートを探してさまようイライラを感じることはないかと。ストーリーを純粋に楽しめるのでよいですね。


 戦前日本の空気が好きな人なら絶対気に入るゲームだと思います。

そして神宮寺りおさんの描く,ヒロイン「史絵」が美しい。

●ヒロイン:史絵(ふみえ) 声:松永雪希

婚約者を事故で亡くし、その後ふとした切っ掛けで探偵業の世界へ魅入られた娘。

令嬢然とした振る舞いの中に、理知と毅然さを隠し持つ女性。

父親から譲られた二挺の銃砲を愛し、細腕の身をその巧みな扱いで守り続けている。

公式HPより。

 腰までかかる黒髪・白いワンピース・・・。うーん,綺麗だ。素晴らしい。
「滅相もございません・・・いまだ幼い気取りで不束が直せぬものですから,父などには日毎に窘められております」
 って感じに,お嬢様な口調にも惹かれます。

なんと史絵フィギュアもあります

エーデルヴァイス 史絵 (1/7スケールPVC塗装済み完成品)

ただ

 2006年12月発売で,,,回想モードをつけていないってのは。もう〜・・・いちいちセーブしろというのは。

ご購入の際は

 アマゾンで買うのもいいですが。http://ha8.seikyou.ne.jp/home/omega/tsuhan/tsuhan-top.htmここら辺を参考になさるのもいいかもしれませぬ。