Q.E.D.iff ―証明終了―(20) 相変わらず素晴らしい

 謎解きはもちろんですけど、人間ドラマ部分が味わい深い。

 1作目の「ファクト」は、関係者が過去の事件について「あれは事実はどうであれ、うまくおさまったのだから掘り返さないほうがよい」と言っているのに、謎解きが進むという。不思議なお話です。真相に価値はあるのか、明らかにした方が良いのか、と考えながら読むと面白いです。

 2作目の「贋作画家」は、見事に騙されました。予想していた終わり方と違いました。ちょっと涙が出てしまったくらいのラスト。いや、ほんと加藤先生は素晴らしい。