センゴク権兵衛23巻 文禄・慶長の章 突入

 豊臣秀吉、、、。嫡男を亡くし、その喪失感を埋めるためもあり、唐入りを推進していく。歴史にイフはないですが、豊臣秀長がもう少し長生きして、鶴松も亡くならなければ違う未来もあったのかなと。これまで超人として描かれていた(実際超人ですが)秀吉に初めて弱さと衰えを感じました。

 一方で、家康は、(今は耐えるのだ、、!)と腹に怒りを貯めこみながら、成長していく。秀吉渡海を巡る会議では、涙まで流して、自分の進めたい方向に場の空気を持っていく。石田三成は理で反対しても敵わず。

 次巻はどうなるのか。目が離せません。