ミステリ

横山秀夫「クライマーズ・ハイ」感想 まさに「著者渾身」の傑作

クライマーズ・ハイ (文春文庫)作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2006/06メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 93回この商品を含むブログ (391件) を見る http://www.bunshun.co.jp/book_db/7/65/90/9784167659035.shtml:TITLEより 1985年、御…

田中ロミオ「AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜」が最高に面白かった!!!

<ネタばれありな感想です> 小学館ガガガ文庫 「AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜」著/田中ロミオ イラスト/mebaeあらすじ;ガガガ文庫HPより 愛だよ、メンズ その日。教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。教室に向かう階段の踊り場…

米澤穂信「愚者のエンドロール」感想

愚者のエンドロール (角川文庫)作者: 米澤穂信,高野音彦,清水厚出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2002/07/31メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 228回この商品を含むブログ (439件) を見る内容(「BOOK」データベースより)<…

米澤穂信「犬はどこだ」感想

犬はどこだ (創元推理文庫)作者: 米澤穂信出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2008/02メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 60回この商品を含むブログ (147件) を見る 404 Not Found|東京創元社より 何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたの…

麻生幾「特命」 感想

特命作者: 麻生幾出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/07メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (5件) を見る より サミット開会4日前。成田空港で密入国を図った男が、あるメッセージを残し死亡。真相を探る“特命”は、たったひとりの警察キ…

西尾維新「不気味で素朴な囲われた世界」(講談社ノベル)

不気味で素朴な囲われた世界 西尾維新 講談社より 退屈な“日常”はいらない。 欲しいのは、“異常”――。 西尾維新が今再び放つ「きみとぼく」本格ミステリ!時計塔が修理されない上総園学園の2学期の音楽室。 そこから始まった病院坂迷路と串中弔士の関係。歪な…

文庫版「クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識」で葵井巫女子ちゃんがリニューアルしている件について

見た瞬間,あんた誰だよ!と思った。うーん,さわやかさは文庫版の方がいいですが。でも,やっぱtakeさんはサイコロジカルまでの絵のほうが好きですね。 ノベルズ版の方。ちなみに絵師は同じです。 私はシリーズの中でクビシメロマンチストが一番好きだし,…

西村京太郎「十津川警部 アキバ戦争」を少し読んだ感想

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)作者: 西村京太郎出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2008/05/16メディア: 新書 クリック: 51回この商品を含むブログ (33件) を見る 【内容】 「おかえりなさいませ、ご主人様」秋葉原のメイド喫茶を訪れた日本画家…

米澤穂信 「インシテミル」面白い

インシテミル作者: 米澤穂信出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/08メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 598回この商品を含むブログ (348件) を見る (ハードカバーを思い切って買った甲斐あり) 閉鎖空間で次々と起こる殺人。クローズドサークルものは…

大槻ケンヂ「ステーシーズ―少女再殺全談」感想。 オーケンは真面目です

やっぱオーケンの小説は面白いなあ・・・。 出版社 / 著者からの内容紹介(amazonより) 近未来。そこでは十五歳から十七歳の少女たちが突然原因不明の死をとげ、人間を襲う屍体・ステーシーとなって蘇る“ステーシー化現象”が蔓延していた。増え続ける彼女た…

森博嗣「クレィドゥ・ザ・スカイ」読了

スカイ・クロラシリーズの完結巻 スカイ・クロラシリーズは基本的には,こことよく似た世界の戦闘機乗りのお話。全5巻。文庫は中公文庫から出ています。 「空に焦がれ、空で生きることを望む「僕」。これが僕たちの場所、あれが僕たちの墓――飛ぶために生ま…

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」伊坂らしさ溢れる娯楽大作

ゴールデンスランバー作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2007/11/29メディア: ハードカバー購入: 12人 クリック: 551回この商品を含むブログ (795件) を見る amazonより紹介文 俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ…

森博嗣「タカイ×タカイ」よかった

タカイ×タカイ (講談社ノベルス)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/01/11メディア: 新書購入: 1人 クリック: 71回この商品を含むブログ (128件) を見る 今読み終えました。面白かった。終盤のほうの対話シーンがね〜。緊張感と清らかさあふれ…

そういえば月9「ガリレオ」見ましたよ

探偵ガリレオ (文春文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2002/02/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 61回この商品を含むブログ (630件) を見る 本格ミステリが月9に・・・。( ;∀;) カンドーシタ とはいえ、やっぱ月9らしく柴崎コウと福山…

『DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ 「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」』

DS西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ「京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠」出版社/メーカー: テクモ発売日: 2007/10/11メディア: Video Game クリック: 65回この商品を含むブログ (76件) を見る http://www.tecmo.co.jp/product/nishimura/index.htm 明ら…

西尾維新「刀語」

西尾維新デビュー5周年フェアとやらで 紀伊国屋書店で西尾本2冊買ったら右のような栞と小冊子もらいました。 栞は10種類あったのですが。なぜか、右下るれろ姉さんとか玉喪たんとかあえてメインを外した?ようなラインナップでした。あ、私はるれろ大好…

有栖川有栖先生の江神シリーズ最新作キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

女王国の城 (創元クライム・クラブ)作者: 有栖川有栖出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2007/09メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 60回この商品を含むブログ (249件) を見る本文と関係ないけど、昨日のエントリがアキバOS 祝24巻!いや~めでたいです…

「魍魎の匣」の映画、意外ともうすぐなのね

文庫版 魍魎の匣 (講談社文庫)作者: 京極夏彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/09/08メディア: 文庫購入: 17人 クリック: 539回この商品を含むブログ (331件) を見る キラレ×キラレに京極夏彦「魍魎の箱」映画のチラシが入ってました。今年12月22日…

それでも・・・森博嗣が一番好きな作家さんです

Gシリーズやっぱ終わったか イナイ×イナイ (講談社ノベルス)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/05/10メディア: 新書 クリック: 36回この商品を含むブログ (188件) を見る 「イナイ×イナイ」読みました。Σ(゚д゚lll)ガーン 完全新キャラオンリー…

健全な青春ミステリ 「天使が開けた密室」谷原秋桜子 

天使が開けた密室 (創元推理文庫)作者: 谷原秋桜子出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2006/11/30メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 31回この商品を含むブログ (106件) を見る 表紙買いした作品です。いや、面白かった!主人公が女子高生なのですけど。な…

マジでやられた!ミステリ 北村薫「盤上の敵」<注意;本作品を全く0の状態で読みたい方は避けてくださいませ>

盤上の敵 (講談社文庫)作者: 北村薫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/10/16メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 163回この商品を含むブログ (63件) を見る最初、キャラの過去語りうざす!とか思ってたのですが。 ○を○○していたああ!? と、そこでまず、…

最近読んだ本雑感

ロー近くの書店でオススメされていた本 タイトルはあえて書きませんが。プロファイリンラーが爆弾魔と対決するというお話です。主人公と犯人が熾烈な頭脳戦を繰り広げるんだろうな〜、これは期待できる!と思って買ったのですが。 ・東京ドームに爆弾が!で…

「Q.E.D・・・証明終了」27巻で確信 加藤元浩 は漫画・小説関係なくミステリ界の巨星

Q.E.D.証明終了(27) (月刊マガジンコミックス)作者: 加藤元浩出版社/メーカー: 講談社発売日: 2007/07/17メディア: コミック クリック: 13回この商品を含むブログ (53件) を見る (サンタっ娘がヒロイン可奈。いつも元気で見ていて気持ちよい女の子です) Q…

初めての伊坂幸太郎は・・・

伊坂幸太郎。 東北大出身で仙台在住*1。仙台が小説の舞台となっていることが多い。原作映画も仙台で先行上映される。そんな仙台な作家・・・。 でも、それとは関係なしに、伊坂は好きです。 読んだあと、本を置いて、口笛ふきながら散歩したくなるよーな。そ…

読書ネタ

攻めの読書 試験後に読もうと買っておいた小説。コミケのときに読む本がなくなっちゃうーと読み惜しみしていましたが。もう気にせずガンガン読むことにします。とりあえず、法月綸太郎*1「生首に聞いてみろ」読了。至極まっとうなミステリ小説を読んだという…

「深追い」で横山秀夫を堪能するの巻

横山秀夫ヽ(´ー`)ノマンセー 「深追い」を読む。 深追い (新潮文庫)作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2007/04/25メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 16回この商品を含むブログ (75件) を見る <不慮の死を遂げた夫のポケットベルへ、ひたすら…